上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜木町の駅前で行われた、自由演奏会に参加しました。
自由演奏会というのは、楽器を持って参加した人たちが当日渡された楽譜で練習し、合奏するという会です。
もちろんどんな楽器がどれだけ集まるかは、そのとき次第です。
一度参加してみたいとは思いつつもなかなか機会がなかったのですが、今回は震災復興のために書かれたP.スパークの『陽はまた昇る』が初演されるということで、勇気を出して参加してみました!

当日の流れは、受付→武蔵野吹奏楽団による演奏(『陽はまた昇る』を含む数曲)→公開練習→本番。
受付から解散まで約6時間、冬に戻ったかのような極寒の野外での演奏会でした・・・。しかも立ちっぱなし。
海風+ビル風で楽譜も譜面台ごと吹っ飛ぶような状況で、本当につらかったんです(>_<)。
でも、楽しかったー。

当日の様子は地域の新聞にもちらっと載ったようなので、こちらをどうぞ。(写真あり)

楽しみにしていた『陽はまた昇る』は、サックスのソロが綺麗な素敵な曲でした。
イギリスの作曲家スパークが、今回の東日本大震災の復興支援のためにと自分自身が作曲したブラスバンド(金管バンド)用の曲を吹奏楽に編曲し直し、新たにタイトルをつけたのだそうです。その素早い行動力に驚きです。
この楽譜の売上げは全て募金されるということなので、今年はいろいろなところで演奏されることと思います。
自由演奏会では、さっそくこの曲も演奏しました。
(とりあえず、クラリネットはトリルが多かったっすよ・・・。楽譜がフリルだらけw)

【本日のメニュー】
ブロックM
吹奏楽のための民話
陽はまた昇る
桜の木になろう (AKB)
ありがとう (いきものがかり)
アルセナール
ルパン3世
宝島
上を向いて歩こう

他にも、福島からいらしたアーティストの方による自作の曲も演奏していました。
当日は歌詞が全然聞き取れなくてよくわからなかったのですが、youtubeで聴いてみました。
応援も兼ねて貼っときます。ぺたり。



震災復興verではない歌詞ですが、こっちのゆるい動画も良いと思う。


地震、すごかったですね。
あんずはそのとき、池袋のサンシャインビルの高層階で仕事してました。
窓辺の席なので、「机の下にもぐる」か「窓から離れる」か迷ったのですが、とっさに動けず机の下にもぐってビクビクしてました。
可動式のキャビネットががっしゃんがっしゃん動いてたくらいで、物が落ちたりすることはほとんどなかったのですが、怖くて怖くてなにもできませんでした。

「このビルは地震に強いので安全です」
っていうアナウンスが何度も流れたんだけど、全然信用できなくて、不安でしょうがなかった。
このままビルが崩れて死んじゃうの・・・?って。

電話やメールが通じなかったので親兄弟とはしばらく連絡がつかなかったのですが、Twitterはさくさくつながったので友達とは連絡が取れて心強かったです。
地元の友達が「新宿まで車出すよ」って言ってくれたので、勇気を出して階段を降り、1時間ほどかけて新宿まで歩きました。
友達の車を見つけたときは、ほっとして泣きそうだったよー。

実は大学時代、父から「一度くらい歩いてみたほうがいい。家までとは言わないから、学校から新宿まで歩け」と言われて、目白から新宿まで歩いたことがあったのです。
まだ帰宅難民なんて言葉がメジャーじゃなかった頃の話。
父はそもそも調布から池袋まで自転車やマラソンで通勤したこともある人なので、ちょっと普通の人とは感覚が違うのですが、父の言うことに従って歩いた経験が無駄になりませんでした。
生きてたら、「お父さんありがとう!」って言えたのになぁ。もう。

まだまだ、停電はよくわかんないし、余震の不安もあるし、大変だけど・・・。
今の私にできることは、節電と募金と、献血に備えての体力維持ですかね。
東北の方々の苦労に比べたら、なんてことないです。頑張ろうっ!!





おひさしぶりです。あんずです。
生きてます。元気です。

正直なところ、Twitterがお手軽すぎてblog書く気力がわきません。
あみぐるみもやめちゃったので、告知事項もないしねぇ・・・。

いやいや、重要な告知事項があったのでした。
このたび転職いたしました。
まさか自分が二度も転職することになるとは、思ってもみなかったですよ。4~5年働いたら寿退社できるもんだと信じて疑わなかった新卒の頃の私に、現実世界の厳しさを教えてやりたい(笑)。
転職っていうと我慢がたらない、っていう風に見られたりもしますが、今回に関してはもうじゅうぶん我慢したと思うので後悔してません。精神的にも肉体的にも壊れかけてたので。
ちなみに転職しても、またSEです。ほんと、学習能力ないよねー。

約1ヶ月分の有給休暇が取れたので、2月は楽しく暮らしてました。
 パンダを見に和歌山行った!(これは、そのうちblog書くかも)
 ついでにUSJと海遊館も行った! 
 ホットヨガ始めてみた!
 ひさしぶりにディズニーランド行った!
 横浜のうさぎカフェ行った!
 日帰りで箱根の温泉に行った!
 マツコ・デラックスのサイン会に行った!
 マザー牧場でこぶたレース見た!
 秋葉原に献血に行ったのに、献血できなかった!(>_<)

こんな感じ。なんだか、動物関係が多いな・・・。
「この機会に断捨離する!」と宣言してみたものの、ちょっとゴミを捨てただけで断念しました・・・。遊びすぎて断捨離する暇なかったw

3月1日からは、普通に地味な社会人生活を送ってますよ。
1ヶ月の遊び人生活も楽しかったけど、そうそういつまでも遊んでいられませんからね。

というわけで、これからもどうぞよろしく。
2011.01.10 The Wind Wave
六本木のSTB139にて行われた、The Wind WaveのLIVEに行ってきました。
Twitterではじめてバンドの存在を知り、視聴してみたら行きたくてたまらなくなり、出演者さんに前売りチケットの取り置きをお願いしたという、なんともまぁ今時ないきさつで(笑)。

ビックバンド+αな編成のバンドです。
いわゆる普通のトランペット、トロンボーン、サックス、に加えて、クラリネット、フルート、ホルン、ユーフォ、チューバが入ってるのです。
しかもクラリネットには、谷口英治さんが!!
うきゃーうきゃー、贅沢!!
早目に行ってとっても良い席をGETしたので、大満足でした。
どの曲も素敵だったけど、個人的には『Spain』の変拍子キメが大好き。
この大編成だと、ブラスソリのキメがかっこよすぎです。アドレナリン出る。
もちろんジャズクラ大活躍の『鈴懸の径』も素敵でした。クラリネットの音色は、やっぱり良いよねー。

ラテンテイストなアレンジが多くて、なんだか大学のサークルを思い出しました。
あんずが入っていたサークルは、ビッグバンド+バイオリン、フルート、クラリネットという編成だったので。
アドリブが怖くてなじめなかったけど(>_<)、JAZZが嫌いなわけじゃないのです。
演奏はできないけど、聴くのは好きなんだよー。

本当は狛吹の誰かと行けたらいいなーと思ってチケットを取ったのですが、直前すぎて誰とも予定が合わず、結局よしこちゃんとデートになりました。
聴きなじみのある曲が多かったので、とっても満足してもらえたみたい。
「もっと音楽のわかる人と来たら楽しかったでしょ。ごめんね」
と恐縮されてしまいましたが、いいのです。楽しんでくれたならそれで。

とっても楽しくて元気の出るLIVEだったので、機会があったらまた聴きに行きたいです。
興味のある方、今度はぜひご一緒しましょ♪
今年は兄夫婦が新年に来られないということで、年末に集まることになりました。
うちはそんなに行事をきっちりやる家ではないので、年末でも年始でも気にしないのです。
とりあえず、集まることが大事。

兄が、わんこも連れて来てくれました。
ジャック、可愛いー。
元々はとっても臆病で落ち着かない子だったんだけど、今ではすっかりお利口さんです。

101230_jack.jpg「写真撮るよー」
って言ったら、カメラ目線で止まってくれました。
可愛い顔が撮れました。
ジャック、すごいなぁ。
音兎ぴょんにも、ぜひその技を教えてあげて・・・。


全員集合なので、気合い入れて白髭のシュークリーム工房でトトロシュークリームを買って来ました。
(ジブリ公認のシュークリーム屋さんなんですよー)
いっぱい並ぶと、さらに可愛い。
幼稚園児の甥っ子には大きすぎたかな?と思ったんだけど、気づいたらぺろりとたいらげてました(笑)。

101230_totoro.jpg
この写真、ちょっと上向きなので、学校の屋上から撮った卒業写真みたいな雰囲気じゃないですか?
しみじみ。

って、それはさておき・・・。
こういうの、どっから食べたらいいのか迷いますよね。
とりあえずお尻からかな、と思ってがぶりとかみついたら、目と鼻がぽろぽろ取れて怖いことになってしまった。
うきゃー(>_<)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。