上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加藤純子先生の春の発表会に参加しました。
前回の秋の発表会に続き、二度目です。
全然レッスンにも行けてない状態で参加していいものか・・・と迷ったのですが、やらずに後悔するよりはやって後悔するほうが・・・の精神で参加してみました。
今回もクワイヤーのみの参加です。
いつか、アンサンブルもやりたい!! (けど、みんなが上手すぎて言い出せないw)

今回のクワイヤーの曲は、ピアソラの「タンゴ組曲 二楽章」でした。
アンニュイな雰囲気の漂うゆっくりした曲なので、指揮者なしの大人数であわせるのは難しかったのですが、本番はうまくいきました。
各パートのトップさんがうまくザッツを出して、みんなが集中してすっと曲が流れて・・・って、本当に不思議で気持ちの良い感覚ですねー。

今回もエスクラは二人体制。
私は高音を出すのが精一杯な状態で、音程はなんとか少しは寄せようと努力したものの、まだまだでした。
ご迷惑かけまくりでした。しゅうん。
でも個人的には、音程はさておき本番でちゃんと音が出せたのは大きな進歩だったと思います。
他の人と比べたら凹むことばかりだけど、自分は自分でがんばれることをやらないと。
ソロやアンサンブルの素敵な演奏をたくさん聴いて、今はやる気満タン状態(笑)。このやる気を持続させるぞー!!

ちなみに、今回は会場が調布のグリーンホールでした。
小さい頃に住んでいた町の、懐かしいホールです。
幼稚園のお遊戯会、エレクトーンの発表会、小学校の合唱クラブのコンサート、中学校の吹奏楽部のコンサート、そして成人式(友達と喋ってて式に出るのは忘れた)・・・といろんな思い出のあるホール。
また、新しい思い出ができました。
大人になってからここで楽器を吹くなんて、中学生の頃の自分はまったく想像もしてなかったはずですが、本当に幸せなことだなと思います。
聴きに来てくれた母も、なんだか感慨深かったみたい。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。