上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.27 預言カフェ。
高田馬場にある、『預言カフェ』に行ってきました。
Twitterで友達が紹介していたのが、とても気になったので。

ちなみに、予言と預言は違うそうで。
予言は未来に対する予測のこと(ノストラダムスの予言、とか)、預言は神様の言葉を伝えることだそうです。
このカフェはプロテスタント系の信者の方が預言をしてくれるカフェなのです。

珈琲(800円くらい)を頼むと、預言をしてもらえるシステム。
占いではないので、名前・生年月日・悩みの内容とか、そういったことはまったく話す必要なし。
3分近く、一方的に預言を聞くだけです。
※iPhoneなど、録音機材を持っていくとそれに向かって話してくれます。なければテープ(別料金)に録音してもらう。

あたるとかあたらないという類いのものではないそうですが、「なるほど」と思わされるところがありました。
自分で自分にあうように都合良く解釈してる部分もあるかもしれないけどねー。
預言は独特の口調なので(「主が言われます。愛する娘よ・・・」とか、そういう言い回し)、意訳して抜粋するとこんな感じ。

あなたは人から欲張りといわれても、自分のやりたいことを寝る時間も惜しんでお金もかけてやってきた。そのわりに結果が出ていないと、やってきたことが今役にたっていないのではないかと気にしている。
→たしかに、「多趣味」とか「忙しそう」とかよく言われます。
 学校で学んだ勉強にしろ、あみぐるみにしろ、がんばったことが活かせてないのが気になっているのも事実。

あなたはまっすぐ歩きたいと思っているかもしれないが、私は長い坂を登らせる。その坂は傾斜がゆるやかなので、とても平坦に見えるだろう。ぐるぐる同じところを回ったり元の場所に戻ったように恐れを感じるかもしれないが、その心配は私に預けて、私の創るなだらかな坂を楽しんで歩いてほしい。
→「元の場所に戻ったような」っていうのは、仕事のことかな。
 すごく回り道して結局元に戻った・・・と過ぎた年月を焦ったりもしてたけど、気にせずにゆっくり前に進もうと思います(^_^)

家族を送る必要があったときにあなたがそれをできなかったことを知っている。だが、私は周りの人を用いてあなたの代わりをしたので、自分ができなかったことを心配しないでほしい。
→これを聞いてちょっと涙ぐんでしまったんだけれど、多分これは父のことかなと。
 父が亡くなったのが突然だったせいもあり、何もしてあげられなかった、間に合わなかった、と感じることがあるのです。ううむ。
 


「宗教の勧誘」はありませんでしたが、運営母体は新興宗教のようですし、そこのところは自己判断でよろしくお願いします。
こういうblogも読んでおくといいと思いますよ。
ちなみに、あんずは無宗教です。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。