上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京極と一緒に、音楽座のミュージカル『アイ・ラブ・坊っちゃん』を観に行きました。

私は四季好き。京極は音楽座好き。そしてちのんさんは東宝好き。

ミュージカル好きと一口に言ってもいろいろありますねー。

いろんなミュージカルを観に行くことができて、「友達はいいもんだ」としみじみ思います。

あと、ヅカタク(宝塚ヲタクの意味。あんずの高校ではそう呼んでました)がいれば完璧かなーと思うけど、これ以上いろいろはまったら破産するので・・・まぁ、いいバランスです。



音楽座のミュージカルは、前回観た『リトル・プリンス』に続いて2回目。

リトプリもそうだったけど、ここぞというところの音楽がすごくいいです。

生の楽器ももちろん素敵だけど、シンセで作り上げる宇宙感みたいなひろがりのある和音がね、涙腺に直接響くんです。やばい。やばい。

(とりあえず現時点では、音楽座のHPトップページで音楽が視聴できるようですので、ぜひ聴いてみてー。)



ストーリーは、夏目漱石を主人公とした現実の世界と、漱石の書いた有名な小説「坊っちゃん」の世界とが交錯しながら進みます。

はじめのほうはちょっと入り込みづらいけど、途中からは全然気にならず。

山嵐=正岡子規という設定が、良かったなぁ。

坊っちゃんを心配する清というおばあちゃんの役がすごく可愛らしくて、清の手紙のシーンで大泣きしちまいました。

きよー(T_T)。



素敵なミュージカルに誘ってくれた、京極に感謝感謝です。

ありがとう
Secret

TrackBackURL
→http://anzuanzoo.blog84.fc2.com/tb.php/81-59b0b5d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。