上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、「こまえ文化フェスティバル 夢コンサート2010」というイベントに参加しました。
狛吹は、パーカッションユニットのハロミーヤさんと一緒に「The Five Doors」という曲を演奏しました。
本邦初演(!)だし、変拍子が多いし、ハロミーヤさんと一緒にあわせる練習は数回しかないし・・・といろいろ大変ではありましたが、なんとか無事に演奏できました。良かった。
ハロミーヤさんにひっぱっていただいて、狛吹もいつも以上にテンションのあがった演奏ができたような気がします。

吹いていて本当に楽しかったです。
演奏者であると同時にお客さんでもあるような、贅沢な感覚でした。
せっかくの委嘱曲なのにE♭クラの譜面がなかったのは悲しかったけど、ひさしぶりのB♭クラが楽しかったからいいんだもん。負け惜しみじゃないよ。

それはさておき。
打ち上げの席にて某トロンボーンの方から
「女の人たちは、本番の日は化粧が違うんですね」
と指摘されました。「昨日と今日じゃ、顔が違う」と(笑)。

そりゃそうです。気合いが違うんです!!
吹奏楽は大勢で演奏するから、一人一人の顔なんかよく見えないってことは重々承知の上。
誰に見せるとかそういう問題じゃなくって、自分の問題なんですよね。たぶん。
マスカラ増量したって演奏がうまくなるわけではないのですが、マスカラぐいぐい塗りながら「今日は本番だぞー」っていう気分に持ってくんですよ。
明日からは、また普通のぬぼーっとした顔に戻りまーす。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。