上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤坂ACTシアターで上演中の、『RENT』を観て来ました。
初めての、生RENTです。
森山未来くんがマークを演じた東宝版RENTも気になっていたけど、どうしても日本語で歌うイメージがわかなくて見送ってしまったので。

今回観たのは、来日公演です。
主役のマークとロジャーは、オリジナルキャスト(映画版も同じ)が来日しています。
豪華すぎて、鼻血が出そう。

マーク役のアンソニー・ラップは立ってるだけでマークだったし、ロジャー役のアダム・パスカルはギターを抱えてるだけでロジャーでした。
と、馬鹿みたいなことに感動。
とにかく、かっこ良かったですよ。これはもう、観なきゃ損です。
オリジナルキャストといえば、Seasons of Loveのソリストのグウェンもすごかったです。他の曲のときはアンサンブルをしているので派手な見せ場はこの1曲だけなんだけど、それだけで強烈な印象を残します。
「こりゃ、日本人には無理だ」と思わされるような、ソウルフルな歌でした。

映画ではカットされていた後半の部分(一応、DVDには特典映像として収録されてます)がつながって観られて感動ひとしおでした。
ロジャーが旅立つときのミミの歌は、ぐっと来るねー。

何度も観て何度も泣いてるのに、やっぱりFinaleBでは大号泣しちゃいました。
これはもう、音楽だけで泣ける。条件反射的に泣く。


実は、FinaleBだけでなく、Without youでもWill iでも泣いてました。
さすがに、泣きすぎ?


はじめて映画版のRENTを観たとき、「今日という日を無駄にしてはいけない」って強く思ったはずなのに、あれからもう何日も何日も無駄な時間をすごしてしまったなぁ・・・。
ドラクエのレベル上げとか、してる場合じゃないよなぁ・・・(苦笑)。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。