上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水曜日、いつもなら飛びついてがつがつ食べるはずの朝ご飯に、全く見向きもしなかった音兎ぴょんさん。
大好きなバナナを見せても、知らんぷり。
なんとなく元気がなくて、ケージの隅とトイレをのろのろと往復・・・。

これは、やばい!!
と思って、すぐにかかりつけの病院に連れて行きました。
「全然食べないっていうのは、かなり危険な状態です。
 明らかに、いつもと顔つきが違うし・・・。脱水症状もおこしてます」
と言われ、すぐに注射と点滴みたいなものを打ってもらいました。

その後は順調にえさを食べられるようになりましたが、連日の通院。
あんずは会社に行かなければいけないので、今まで音兎ぴょんさんをまったくさわったことのないよしこちゃんが必死の努力で病院に連れて行ってくれました。
たまたま遊びに来た近所のおばさんまで巻き込んで、どうにかこうにかキャリーバッグに詰め込んだそうで(苦笑)。

よしこちゃんのがんばりのおかげで、音兎ぴょんさんはすっかり良くなりました。
今日はあんずが病院に連れて行き、ひとまず数日分のお薬をもらってきました。
飲み込んでしまった抜け毛がおなかにたまってしまう毛球症(もうきゅうしょう)という病気だったようです。
逃げ回る音兎ぴょんさんにブラッシングするのが難しくて、おなかとかお尻はほとんど手つかずだったので・・・反省。
にゃんこみたいに毛玉を吐き出せないので、飼い主がちゃんとブラッシングしなければいけないのは理解っていたのですが。
だめ飼い主(>_<)。

090314_oto.jpg元々かなりのビビリちゃんなのですが、連日の通院でさらに臆病になった音兎ぴょんさん。

ますます、ベッド下から出て来ません(笑)。

���e�҂��もう注射は嫌にょ・・・。

元気になったから、注射はおしまい。
よくがんばったね。
後は、ちゃんとお薬のめば大丈夫だからねー。


一連の通院で、2万円ちょっとかかっちゃいました。
健康保険がないって、つらいのう。






Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。