上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
副都心線が開通したから、地下鉄乗りに行ったぜ・・・という日記ではないのです。
あんずは、鉄子じゃないもので。

京極にお誘いいただいて、音楽座ミュージカルの『メトロに乗って』を観に、浦和美園の映画館まで行ってきたんです。
遠いよ~~。小旅行だよ~~(笑)。

これは、ミュージカルを撮影したものを編集して映画館で上映するというものです。
ゲキ×シネみたいな感じですね。
舞台は生じゃないと・・・と思って、いままで気になりつつもゲキ×シネに行ったことはなかったんですが、実際に体験してみて、こういうのもありだなと思いました。
むしろ映画のほうが良い面もたくさんあるし。
ただ、ふだんあまり舞台を観ない人だと、ちょっと違和感があるかもしれないです。
舞台用と映像用って、台詞の喋り方も目線の配り方も違いますもんね。

物語は、タイムスリップして自分が知らなかった親の姿を知り、いろいろな真実を受け止めて行く再生のストーリー。
大泣きでした。←何を観ても泣くけど(苦笑)

でも。
大泣きはしたものの、未消化な感じも残っています。
自分自身が「娘」の立場だということもあり、どうしても目線が母娘関係のほうに向いてしまい、主人公の父への感情についてあまり理解できないまま終わってしまったので・・・。

原作(浅田次郎の小説)を読んでみようかな。
映画(堤真一主演)も気になってます。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。