上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地元のホールで行われた、「東京セレーノクラリネットオーケストラ」の演奏会に行って来ました。
地元で19時開演っていうのはけっこう厳しいなぁと思ったんだけど、先輩から
「ごじぴゅーしちゃえばいいじゃん。ごごぴゅーでもいいよ」
って言ってもらえたので、ありがたくごじぴゅーさせていただきました。
ちなみに先輩は、人間ドッグのためお休みです。

※ ごじぴゅー 17時にぴゅーっと退社すること
  ごごぴゅー 午後半休を取って、ぴゅーっと退社すること


さて。演奏会ですが。
プロおよび音大生で構成されているだけあって、さすがにうまかったです。
E♭クラ、すっげぇーーーーー(T ○ T)。←泣くな
シェエラザードの最後のフラジオなんて、聴いてるだけなのに緊張しちゃって息ができませんでした。
でも、音は聴こえど姿は見えぬ。
ときおり指揮者の脇の下あたりからちらっと見える程度(笑)でした。
それはE♭クラの宿命か。仕方ないのう。

E♭が見えないので、パーカッションに注目。
3人でとっかえひっかえいろんな楽器を演奏しているのが面白くて、目が離せませんでした。
片手でバスドラ、片手でシンバル。は、基本形。
片手でバスドラ、片手でグロッケン。は、かなり激しかったです。かっこいい。

全体的には、1STのトップとE♭にメロディーやソロが集中していて、中低音が目立たないのがもったいない感じでした。
アルトやバスも人数が揃っていたので、音量よりもアレンジの問題なのかな・・・と思ったけれど、どうなんでしょう。
あんまり詳しくないので、よくわかりません。

期待していたリバーダンスは、途中から出て来るボンゴとコンガの音色が浮いていて、南米テイストでした(笑)。
どうしてー? どうしてなのー?

終演後、京極と一緒にリバーサイゴンでごはんを食べて帰りました。
音楽もごはんも、おなかいっぱいっす!!

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。