上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すみません。これを書いてるのは、火曜日の夜だったりしますが・・・。

一応、スルーしちゃまずい話題のような気がしたので遡って書きますお。



土曜日、所属している吹奏楽団のアンサンブル大会でした。

団内のイベントなのでお客さんを呼ぶわけではないのですが、緊張します。

定期演奏会よりも、緊張します。

これ、大袈裟じゃなくて本当に。



演奏し始めて、手の震えが止まらないことに気づいてパニックになりましたもん。

解放音(楽器を指で塞がない。全部の指を開けて演奏する音)のときなんて、アル中みたいにぷるぷるぷるぷる・・・。

そういえば、去年もすごい震えてた記憶があります。

小心者ですから。



今年はクラリネット6重奏+パーカスで『ペルシャの市場』を演奏しました。

Fさんがアレンジ(編曲)してくれたのですが、これがかなり難しくって(泣)。

「E♭クラで、この音は出るかなー」

って聞かれたときに

「出るには出ますけど、音程は保障できないですよー」

と気楽に答えてしまったら、すごい高音のメロディーをいただいてしまいました。

練習では一度もまともに吹けなかったんだけど、本番ではとりあえずちゃんと音が出ました(音程のことはひとまず忘れて)。

あぁ、よかったよかった。



必死に高音をさらった甲斐があったってもんです。

これは、きっと定演にも活かされるに違いない。と、思いたい。



ぐるりの絶叫、発狂トリル・・・。できるかな。がんばらなきゃな。
Secret

TrackBackURL
→http://anzuanzoo.blog84.fc2.com/tb.php/46-857f683c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。