上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.01 やらされ感。
お昼休み、サンシャインの噴水前広場で東京消防庁音楽隊の演奏を聴きました。

春の防災週間らしいですよ。

たまたま通りかかったらファゴットが見えたので、大急ぎでお昼ごはんを食べて聴きに行きました。

(おかげで口の中大やけどです。ミネストローネが熱かったんだもー)



地下1階から3階まで吹き抜けの広場での演奏だったので、たくさんの人が足を止めて聴いていました。

でも、舞台前に用意された客席に座っていたのはおじ(い)さん/おば(あ)さんばかり・・・。



曲目は、

 アイネクライネナハトムジーク

 ディズニーメドレー

 踊るポンポコリン

 涙そうそう

 (お昼休み時間の都合上、ここまでしか聴けず。次は演歌だったみたい)



なんだか、「やらされ感」が漂ってて微妙でした。

とくに踊るポンポコリン・・・。

演奏してるオジサンたち(ほぼオジサン。女の人も少しいたけど)の目が死んでます。

ノリノリでボンゴを叩いてるオジサンだけが浮いていて、むしろ見ていて痛々しい感じがしました。

客層が子供だったら、まだ良かったのかもしれないけどね。

演奏する側も聴く側もオジサン多しな状態で「踊るポンポコリン」は、厳しい・・・。

 
Secret

TrackBackURL
→http://anzuanzoo.blog84.fc2.com/tb.php/230-589985dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。