上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
youtube をふらふらしていたら、古い sesame street の映像に巡り会いました。

うあー、ナツカシス。

あんずは小学生の頃、NHKのテキスト片手に必死に見てました。

しかし、英語はちっとも習得できませんでしたけど(苦笑)。



あんずは grover という紫のひょろひょろしたキャラクターが大好きだったんだけど(当時からひょろ萌えだったのか・・・)、大好きだったのは、この歌。

『Put Down the Ducky』。

アヒルちゃん大好きな Ernie に向かって、「サックスを吹くときはアヒルを置きましょう」、という歌です。

そりゃそうです。そんなもの持ってたら吹けませんって。

ちなみに、アヒルを手放した Eanie のサックスは超うまいです。ずるい。詐欺!!

それにしても子供向け番組の歌なのに、おされだよねー。



>



さらにこれ、可愛くて豪華ですー。

Elmo が、Andrea Bocelli に 『Time to Say Goodbye』 を歌ってもらって眠りにつくというシーン。

Elmo のまぶたが無理矢理すぎて、ビックリ!! 





※今日は、blog にyoutubeを貼るテストでした。うまく見られますかのぅ?
Secret

TrackBackURL
→http://anzuanzoo.blog84.fc2.com/tb.php/21-df0a619f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。