上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、『初夏の音楽会』でした。

毎年恒例の、市内のいろいろな音楽団体が参加するイベントです。



今年、うちの団は自分たちの出番にプラスして、「水と緑のまち」という市の歌の伴奏も担当することになりました。

今までこの曲にはピアノ伴奏しかなかったので、指揮者のきっつーが吹奏楽用に編曲してくれたのです。本邦初演ってヤツ?



当然、この歌の伴奏はうちらのメインではないわけで。

一生懸命練習したのは、本来のうちらの出番であるところの『パンチネルロ』と『ディスコ・キッド』だったわけですが。



聴きに来てくれたよしこちゃんは、

「水と緑のまち、良かったわー。

 今までも聴いたことはあったけど、あんなに良い曲だと思わなかった。

 他のお客さんも、すごく誉めてたわよ!!」

と、水と緑のまちを大絶賛。

ほほう、そうですか。それは、良かった。編曲者きっつーの苦労が報われました。



それはいいんだけどさ。

『パンチネルロ』と『ディスコ・キッド』に対する感想は、ないんですか・・・?



「他はどうだった?」

と聞いてみたら、

「四中の合唱が上手だったわね」

ですって。

そりゃ、四中は去年Nコンで全国優勝してますからね。うまいですよね。



で、結局『パンチネルロ』と『ディスコ・キッド』は・・・?

もういいわ(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://anzuanzoo.blog84.fc2.com/tb.php/195-2d7ec65f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。