上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.17 スンガリー。
前の会社の先輩二人(ぷうすけさん・ちびくまさん)と一緒に、ロシア料理を食べました。

スンガリーというお店です。



なんだか頭が痛くて16時までごろごろとすごしてしまい、遅刻しました。

先輩二人をお待たせしました。

悪い後輩・・・。ひどい後輩・・・。だめな後輩・・・。



それはさておき。

ロシア料理のプレフィクスコースを堪能しました。

冷前菜は、キャビアとサーモンマリネのブリヌイクレープ包み。

トマト・タマネギ・ピクルス・サーモンを、バターを塗ったクレープ(薄いパンケーキみたいの)で包んだものです。

これ、すごいおいしかったー。

塩気の多いものが大好きなので、サーモンとピクルスのダブル攻撃にノックダウンです。しおしおのぱ~。

温前菜は、水餃子のレモンバターソース。

ソースだけなめるとけっこう酸味があるんだけど、お肉の多い水餃子と一緒に食べるとおいしかったです。

お肉がさっぱり食べられてしまう。これは、ある意味とても危険。

06-06-17_18-57.jpgそれから、オリーブ・ピクルスの燻製肉とトマト風味スープ(写真手前)。

ミネストローネに似たスープでしたが、レモンが入っていたりして、ちょっと不思議な香りがしました。トマトは薄め。さっぱり。

主菜は、牛フィレ肉の強火串焼きグルジア風(写真左奥)。

串焼きといいつつ、串はついてませんでした。

これは、普通においしいステーキって感じでしたよ。グルジア風、がなにを意味するのかよくわからないまま・・・。

いかにもロシア!な、ボルシチもつぼ焼スープもチョイスしてませんが、先輩たちのをちょこちょこと味見させてもらったので満足満足。



06-06-17_19-47.jpgそして、食後にロシアンティー。

写真は、チェリー・薔薇・ルバーブと木苺の3種類のジャムです。奥の白いのは、たんなる角砂糖。

どのジャムもおいしかったのですが、ルバーブと木苺が一番食べやすくておいしかったです。



Вкусно!!

(ロシア後で、おいしいの意。)





【どうでもいい話】

帰り、地元の駅について改札を出ようとしたらひっかかりました。

いやな予感がするよーと思いつつ駅員さんに調べてもらったら、また定期券が壊れてました。行きは普通に使えたのに・・・。

こんなことは、もう、一度や二度ではないのですよ。

あんずの手から有害電波が出てる説を、否定できなくなってきました(;_;)。


Secret

TrackBackURL
→http://anzuanzoo.blog84.fc2.com/tb.php/192-62366863
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。