上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、なーんもしなーい。



と、心に決めてダラダラしました。

ほんのちょっと部屋を片付けた後、あみものと消しゴムはんこをはじめてしまい、結局以前よりも部屋がカオスな状態になりました。



それはさておき。

先日、ネットで買ったCDが届いたので、今日はそれを聴きながら作業してました。



Cry of the Celts

 ブラスバンド版のRIVERDANCEが聴いてみたくて買いました。

 この場合のブラスバンドは吹奏楽のことではなく、金管バンドを意味してます。

 妖精のようなソプラノを期待していたら低くてもっさりした歌が聴こえてびっくりしたり、メロディーが一部酔っぱらったりしてますが、終盤すっごいかっこいいです。

 こういうの聴くと凹むってわかってたのに、なぜ買ったんだ自分・・・。

 すごいよ。すごいよ、金管!! 

 もう、木管なんかいらないじゃんと思う。うわぁぁぁぁん(T_T)



バベルの塔

 こちらは、日本人作曲家の作品を集めた吹奏楽のCD。

 タイトルにもなっている広瀬勇人の「バベルの塔」が聴きたくて買いました。

 大阪市音のライブ録音のやつを買おうか迷ってたんだけど、他の収録曲を考えてこっちを買いました。

 広瀬勇人の曲、いいです。かっこいい。やりたーい。

 このCDでは、田中久美子の「アンダルシア」も素敵でした。

 E♭クラ吹きとしては、酒井格の「七五三」も必聴ですなー。





っていうか、CD買う以前にドライブ買わなきゃいけないんだったー!!

どうやらPCのCD/DVDドライブがいかれてしまっているらしく、CDを読み込むとプツプツと変な音がするのですよ(ときどき、爆発風な音も)。

今回の2枚はわりと良い感じで取り込めたからよいとしても、早く買わなきゃー。

Secret

TrackBackURL
→http://anzuanzoo.blog84.fc2.com/tb.php/16-60159dfc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。