上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pichanにお誘いいただいて、獨協大学までベルリンフィル木管五重奏の演奏を聴きに行ってきました。

遠いよ、とは聞いていましたが、たしかに遠かった(笑)。

でも、広々としたキャンパスで、「これぞ、大学!!」って感じがしてうらやましかったなぁ。

あんずが通った大学は、ちんまりとした女子大だったので・・・。



演奏会の前に実技指導もある、というので、早目に行ってみました。

どんな感じでやるのかさっぱりわからなかったので、ダメモトで楽器も持って行ったりしてみましたが、指導してもらえるのは地元の中高生と獨協大学生でした。

楽器毎に部屋にわかれていたので、当然のことながらクラリネットの部屋へ。

ロングトーンやスケールなど基礎練習な練習を見学しました。

指導はドイツ語で日本語の通訳がついたんだけど、通訳さん(学生?)が音楽に疎い人だったようで、ところどころ意味不明だったのが残念・・・。

それでも、ベルリンフィルさんの音を間近で聴けただけでも大収穫でした。

すごかったっす。

ほんわかまろやかなんだけど、それでいてしっかり芯のある・・・(←美味しんぼ・・・?)。

低い音から高い音まで均一に音を操れるようにするのが大事なんだなぁってこと、痛感しました。



演奏を聴いた後、やる気が冷めないうちにと、個人練習に行きました。

pichanと二人、いつも以上に一生懸命基礎練習してみました。

タンギング、難しいねぇ・・・。頑張ろうねぇ!!
Secret

TrackBackURL
→http://anzuanzoo.blog84.fc2.com/tb.php/158-2d51e089
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。