上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく、RENTのDVDを見終わりました。

やっぱりいいー!!

映画館で見たときのような号泣はもうしないけど、それでもやっぱり泣いてしまいました。



DVDの特典映像に「もうひとつのエンディング」というのがあって、すごく気になっていたのですが。

全然違うストーリーが用意されてるというわけではなくて、演出の違いによるものでした。
私は、本編で採用されたエンディングのほうが良いと思います。
没になったほうのエンディングが採用されなかった理由を監督が副音声解説(野球かよ!)してるんだけど、その理由に納得。
うん、私も同意見よ。


他にもいくつかカットされたシーンの映像があって、それには「えー。これカットされないほうが良かったのにー!!」っていう名シーンもありました。

主人公マークの存在感の薄さが気になってたんだけど、すっごい重要な彼のソロがなくなっちゃってるんですね。なるほど・・・。

ロジャーが旅立つあたりの唐突さも、カットされたシーンを見るとすごくよくつながる。

「ミュージカルと映画では話の流れや感情の持っていき方が違うから」という理由でカットされたようですが、ミュージカル未見のあんずがとまどってしまったってことは、これカットしちゃまずいシーンだったんじゃないの・・・? ねぇ。


特典映像には作者のジョナサン・ラーソンのドキュメンタリーもついていて、これもおすすめ。

この人は、苦労して作り上げたRENTの初日前日に亡くなっているんです。

そういうことを知った上で観ると、RENTの歌詞のいろいろなところに彼のメッセージが読み取れて、さらに涙ですよ・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://anzuanzoo.blog84.fc2.com/tb.php/156-51bdbc3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。