上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.10 The Wind Wave
六本木のSTB139にて行われた、The Wind WaveのLIVEに行ってきました。
Twitterではじめてバンドの存在を知り、視聴してみたら行きたくてたまらなくなり、出演者さんに前売りチケットの取り置きをお願いしたという、なんともまぁ今時ないきさつで(笑)。

ビックバンド+αな編成のバンドです。
いわゆる普通のトランペット、トロンボーン、サックス、に加えて、クラリネット、フルート、ホルン、ユーフォ、チューバが入ってるのです。
しかもクラリネットには、谷口英治さんが!!
うきゃーうきゃー、贅沢!!
早目に行ってとっても良い席をGETしたので、大満足でした。
どの曲も素敵だったけど、個人的には『Spain』の変拍子キメが大好き。
この大編成だと、ブラスソリのキメがかっこよすぎです。アドレナリン出る。
もちろんジャズクラ大活躍の『鈴懸の径』も素敵でした。クラリネットの音色は、やっぱり良いよねー。

ラテンテイストなアレンジが多くて、なんだか大学のサークルを思い出しました。
あんずが入っていたサークルは、ビッグバンド+バイオリン、フルート、クラリネットという編成だったので。
アドリブが怖くてなじめなかったけど(>_<)、JAZZが嫌いなわけじゃないのです。
演奏はできないけど、聴くのは好きなんだよー。

本当は狛吹の誰かと行けたらいいなーと思ってチケットを取ったのですが、直前すぎて誰とも予定が合わず、結局よしこちゃんとデートになりました。
聴きなじみのある曲が多かったので、とっても満足してもらえたみたい。
「もっと音楽のわかる人と来たら楽しかったでしょ。ごめんね」
と恐縮されてしまいましたが、いいのです。楽しんでくれたならそれで。

とっても楽しくて元気の出るLIVEだったので、機会があったらまた聴きに行きたいです。
興味のある方、今度はぜひご一緒しましょ♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。