上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥田英朗原作の舞台『空中ブランコ』を観て来ました。
原作の小説は、読んだことありません。
でもそのほうが素直に楽しめそうな気がしたので、あえて予習はナシの方向で。

以前にも映像化されたことのある作品らしいんですが、そのときは主人公の精神科医役が阿部寛だったようです。
今回は、雨上がり決死隊の「宮迫デス!!」。←ポーズつきで読むこと
阿部ちゃんと宮迫が同じ役・・・って、不思議だなぁ。

舞台は、とても面白かったです。
ストプだったけど、途中の幻覚シーンでは歌や踊りもあって楽しかったです。
一緒に行ったよしこちゃんは「歌の少ないミュージカル」なのかと思っていたらしく、あんまり歌ったり踊ったりしないなぁと思いながら観てたそうな。
・・・ちゃんと、事前に説明したのに。
開演後しばらくすると、映画のエンドロールみたいにキャストが表示されるんだけど、そういう演出も含めて、なんだか舞台というよりは映画やドラマっぽい感じだなぁと思いました。
雰囲気にあってて、良かったんじゃないかな。
サーカスが舞台のお話なので、カーテンコールがとてもにぎやかで豪華でしたよー。

では、キャストについてあれこれ。

伊良部一郎  宮迫博之
 ちゃらんぽらんで怪しい精神科医の役。
 かなりウザい役なんだけど、なんだか妙に憎めない感じがいいです。
 ときどき轟さんみたいな口調になってて、超ツボでした。おもしろすぎる。

マユミ  佐藤江梨子
 セクシーナースの役。
 今日のお目当ては、何を隠そう(隠してないけど)サトエリのナース服!!
 脚なっがーい。ほっそーい。胸でかーい!!
 2階席から胸の谷間をオペラグラスで注目しちゃいました。おっさんかよ。
 無愛想なんだけどスジは通っているという、カッコいい役でしたよー。満足。

公平  坂元健児
 演技が不調で悩みを抱える空中ブランコ乗りの役。
 宮迫が主役だと思ってたけど、この舞台はさかけんが主役ですな。驚き。
 あいかわらずの熱血演技だったけど、そういう役なので違和感なかったです。
 今日は歌は聞けないんだと思っていたので、ちょっぴりだけ聞けた美声がおまけ気分で嬉しかったです。ええ声!!
スポンサーサイト
080426_kettousyo.jpg音兎ぴょんさんは、血統書つきのうさうさです。
今日、立派な血統書が郵送されてきました。

それによると・・・。
音兎ぴょんさんの本名は、PATRICKであることが判明しました。
パトリック!!
おとぴょんじゃなくて、ぱとぴょんだったのねー(笑)。
せっかくだから、来年のセントパトリックデイ(3月17日)には、クローバーでお祝いしたいね。

さらに、音兎ぴょんのお父さんは、音兎ぴょんのお母さんのお父さんであることも判明しました。
そ、そんなのってアリ!?

近親交配って、あんまり良くないんじゃないのかなぁ。
と不安に思ってネットで検索をかけてみたところ、そんなに珍しいことではないようです。
とりあえず、ほっと一安心。

ちなみに、お父さんのBRUCEさんの色はリンクス、お母さんのSAMANTHAさんの色はブロークンリンクスであることも判明。
音兎ぴょんさんの色は、どっちにも似てないフロステッドパールです。
080425_oto.jpg
本当は、多摩川の橋の下で拾われた子なんじゃないのー?

 ひどい・・・。
 音兎ぴょんは、捨て子じゃないにょ(泣)。
 血統書つきの、セレブうさうさだもん。


うんうん。そうだよね。
セレブな生まれだったのに、こんな庶民の家に来ることになっちゃって、可哀想に。
でもどんな逆境でも、セレブうさうさの誇りを捨てずに清く正しく美しく生きていれば、『小公女セーラ』みたいにきっと良いことあるからね(苦笑)。
自慢できるようなことではないけれど、あんずはかなりの冷え性でございます。
手足の冷えっぷりは、半端ない。
冬場は自分で自分の足に触って、「ひいっ」と驚くくらいに冷えます。
(今年の冬は湯たんぽのおかげで快適でしたが)

080424_seiza.jpg冷え性なんて、なんにもいいことない (;_;) 。

今までは、そう思ってたんですがー。
意外にも、うさうさには好評みたいです(笑)。
音兎ぴょんさんは、サークルとあんずの隙間にぴったりはまるのがお気に入りの様子。
しかも、正座したあんずの足の裏に乗ってます。
ひんやりして気持ちがいいのかな?

くすぐったくてツライけど、可愛いのでがんばって耐えてます。
です。

2008.04.17 手は語る。
080417_te.jpgあんずの手相は、かなりシンプルです。
いままで雑誌の占い特集とかみても、「運命線って、どれ?」などなど、必要な線が見つからないので自己判断できませんでした(笑)。
生命線だけは、やけにくっきりはっきり長いんだけどねー。

ほぼ日で、マーコさんのテソーミルームというコンテンツが始まりました。
質問に従って、自分の手のタイプを選んで行くと、最後に結果が出ます。
線とかよくわかんなくても、「○○線が見当たらない」っていう選択肢も選べるのでOKです。
むしろ線よりも、全体的にぱっと見た感じの印象が重要みたい。
あんずの手は、とにかく薄っぺらいです。
そして冷たい(←手相とは関係ないけど)。

さてさて。
まずは「ほんとうのわたし編」。
結果をよしこちゃんに見てもらったら、「大当たりじゃない」と言われましたよ。

 感受性が鋭く、美しいものやぜいたくを好むあなたは、
 人一倍美意識も強く、繊細な気質を持ったロマンチスト。
 やや依存心が強く、
 不安を感じるとエキセントリックになってしまう性質が
 隠れている事もあるので、
 他人を疲れさせてしまったり、だまされてしまわないよう
 気をつけましょう。
 (以下、略)


どうですかね。
あんずを知ってる人は、きっと「あぁ、うんうん」と納得できるのでは・・・?
面白いので、お時間のあるときにトライしてみてくださいな。


さらに、「あなたの恋愛傾向」は、たった3問しか答えてないのに、笑っちゃうほど当たってます。

 しっかり者で
 常識的なものの考え方の出来るあなたは、
 今まで少し、自分にも人にも
 きびしい一面があったのかもしれません。
 白黒ハッキリさせたいというタイプだったのかも。
 恋愛でも無意識に相手にプレッシャーをかけて、
 あなたの親切が裏目に出てしまうという
 悲しい思い出があるのではないでしょうか。


どうですか。
あーーー。  orz
当たりすぎて、涙が出そう。だって、女の子だもん
080413_turan.jpg京極にお誘いいただいて、『祝祭音楽劇 トゥーランドット』を観て来ました。
できたばかりの、赤坂ACTシアターの杮落とし公演です。
(「かき」じゃないよ。「こけら」だよ)
思えば数年前、旧赤坂ACTシアターの解体公演(『VillaVilla』)にも行ったっけなぁ・・・。

いやぁ、豪華な舞台でした。
セットも照明も衣装も、ゴージャス。
『トゥーランドット』といっても、プッチーニのオペラとは別物で、音楽は久石譲でした。
あんまり記憶に残る歌はなかったけど、オーケストレーションが壮大で素敵でした。
戦いの場面の音楽がかっこ良くて、まるで映画みたい。
祝祭音楽劇、という意味はよくわかりませんでしたが、最後のお祝いのシーンの大合唱&パーカッションの盛り上がりはすごく良かった。
というか、なんだか強引に大団円に持って行かれた感もある(笑)。

客席の通路を使いまくった演出でした。
舞台上が階段のセットでほとんど埋まってしまうので、仕方なかったかな。
役者さんを近くに感じられるのは嬉しいんだけど、あまりに多用されていたので、ちょっと気がそがれる感じもしました。
でも、階段のセットは、見やすくて良かったと思います。
戦闘シーンも含めて階段の上り下りがかなり激しいので、怪我をしなければいいけどとちょっとドキドキしちゃいましたけども。老婆心?

パンフレットが2500円と高くて買うのを躊躇してしまったんだけど、買えば良かったかなぁ。
主要キャスト以外は、出演者がさっぱりわからん・・・。
というわけで、主要キャストについてあれこれ。


トゥーランドット  アーメイ(張恵妹)
 日本語はたどたどしかったけど、異国のお姫様らしくて良いと思えばそうかも。
 劇団四季で日本語のおぼつかないお芝居をたくさん観させられているので、これしきの日本語では動じませんよ(笑)。
 「台湾の安室」という評判も聞いていたので歌い上げ系かと思いましたが、意外に桂銀淑(ケイウンスク)っぽいハスキーボイスでした。
 舞台メイクは目のまわりを真っ赤に塗っていたので、あまり表情がわからなかったのが残念だったなぁ。

カラフ  岸谷五朗
 本人も「この年で王子役をやるとは・・・」とためらったらしいけれど、たしかに年齢設定に無理はありました。
 でも、見た目はともかく(笑)、演技はとても良かったです。殺陣もかっこよかった。
 柔らかい歌声も良かったです。

ワン将軍  中村獅童
 将軍らしい威圧感があり、演技はとても良かったです。
 でも、歌ははっきりいってダメだと思う。無理に低い声で歌わされているのか、歌詞がよく聞き取れなかったし・・・。
 無理に歌わなくても良かった気がする。もったいない。

リュー  安倍なつみ
 アイドルっぽい歌い方ではなく、ちゃんと歌えてました。
 健気で芯のある少女をきちんと演じていて、なっちの歌が一番泣けたー。
 これから、舞台のお仕事が増えそうな予感。

ミン  早乙女太一
 あて書きじゃないの?ってくらいに、ぴったりな役どころ。
 登場シーンの踊りが魅惑的でした。イナバウワーみたいな背中の反りが、綺麗だったなぁ。
 さすが、流し目王子!!

物売り  北村有起哉
 見た目的にあまり好きではない俳優さんだったのですが、軽妙な台詞まわしが上手でちょっと印象が変わりました。
 とくに、表面上は拝金主義と見せつつも、不器用なリューを放っておけない優しさがちらほら見えるあたりが良いです。
「よしこちゃん」は、うちの母です。
(もちろんですが、面と向かって「よしこちゃん」とは呼んでませんよ)

よしこちゃんは動物が嫌い、です。
実際には「動物そのものが嫌いなわけでない」そうで、「家の中をうろちょろされるのが嫌」なんだそうですが・・・。
というわけで、基本的にケージ飼いな音兎ぴょんさんのことはOKです。

あんずが家に帰ってくると
「うさこちゃん、昼間は大人しく寝てたわよー」
とか、
「うさこちゃんの草がなかったから、ちょっと足しといたわよー」
とか報告してくれるのはありがたいけど・・・。

うちのうさぎの名前は、「うさこ」じゃないんだよ?
しかも、男の子なんだよ?

ま、いいけどね(笑)。
あんずも町中でわんこを見かけるたびに、性別を気にせず「犬子さーん」って(心の声で)呼びかけちゃうし。
さすが、親子だ。血は争えないな。

080412_usagibag.jpg写真は、昨日よしこちゃんがくれた小さなエコバッグです。
オレンジ色のホーランドロップのこうさぎの写真なの。
「お店で見た時、『これだ!!』って思って買っちゃった」
とのことです。

よしこちゃんもうさうさに洗脳されてきたなー。
良い傾向だ。むふふ。

2008.04.11 SE・M・PO
17時には会社を出ようと思っていたのに、16時すぎにトラブル発生(>_<)。
半狂乱で必死に対応し、最終的には先輩(別件トラブル対応中)に「もしなんかあったら後はよろしくお願いします」と言い残して逃走。
最悪ですな、このダメOL(苦笑)。

大急ぎだった理由は、『SE・M・PO』というミュージカルを観に、新国立劇場(初台)まで行くためです。
石丸さんが出るのでは?と勘違いしてチケットを取ってしまったミュージカルです。
(この件については、過去blog参照のこと)

そんな風に大慌てでかけつけたにもかかわらず、1幕の出来がひどすぎでした。
ぶっちゃけ、1幕イラネ。
第二次世界大戦を説明するために、日本・ドイツ・ソ連を象徴する3人の女性が変な歌を歌いながらセクシーダンスするとか、もう最悪。
題材が重いミュージカルだから娯楽要素を入れなきゃと思ったのかもしれないけど、そういうの観たいときはそもそも他の演目を観るから・・・。

1幕終わった時点で、「ハズレだった・・・」とがっくりしましたが、2幕は良かったです。
ユダヤ人を助ける感動のシーンが続き、わかっちゃいるけど泣きまくり。
ユダヤ人カップルの話が中途半端なのがもったいなかったので、1幕の変なシーンをがっつり削除して、その辺を掘り下げてほしかったなぁ。

気になるキャストについて、あれこれ。

◆杉原千畝  吉川晃司
 上背があってスーツ姿がカッコよく、声も低くて素敵でした。
 淡々と歌う2幕の歌は良かったけど、感情こめて歌った1幕ラストの歌(作曲も吉川晃司らしい)は突然ロック調の巻舌で雰囲気ぶちこわし(笑)。
 全体的にはとても良かったんですけどねー。

◆グッシェ 田村雄一
 さすが、タムファサ!! ええ声です。
 杉原の秘書でドイツ軍のスパイという役なのですが、そのあたりの二人の葛藤がもうちょっと観たかったなぁー。もったいない。
 多分、杉原とグッシェは腐女子萌えなシチュエーションです(笑)

◆ソリー 池田祐見子
 シラバブ(CATS)が好きだったのでわくわく期待していたら、なんと男の子役!!
 ちょっとアニメっぽい声だったけど、無邪気な少年らしくて可愛かったです。

なんだか、偏ったキャストをピックアップしてしまいました。
今さんとか宇都宮さんとか辛島さんとかは、期待どおりの美声に大満足ってことで割愛します。
080407_heyausa.jpgネットで予約していた本が、ようやく届きました。
部屋とYシャツとうさぎ』です。

土曜日くらいから届き始めた人もいたようで、
「遅いなぁー。ちゃんと予約できてなかったのかなぁー」
と不安に思っていたのですが、よりによってこんな大雨の日に届きましたよ。
あんずの家の郵便受けはちょっと蓋が壊れかけているため、郵便受けからこぼれおちた封筒が雨でびちょびちょになっておりました。
・・・凹。 ←へこんでます。うさぎの顔じゃ、ありません。

「うちの郵便受けは、なんでボロボロなのようっ!!」
とよしこちゃんに八つ当たりしつつ封筒を開けたら、予約特典のクリアファイルに入っていた本は奇跡的に無事でした。
よかったよかった。
八つ当たりして、すまなかった。

すでにblogは全て読んでるのですが、改めて知るエピソードもあり、なにより可愛いうさうさの写真がたくさんで大満足です。
このblogに出会わなかったら、音兎ぴょんさんを飼い始める決心はつかなかったかもしれない。
そのくらい、うさうさの魅力にあふれた面白いblogなので、とりあえず気になった人は見てみるがいいさー。
のぱりゃんのもっさりした感じが、たまらないでふよ。


080408_oto.jpgうちの音兎ぴょんさんは、今日も元気に草を食んでおります。
最近ちょっと顔の模様が変わりつつあり、「かもまゆ」が可愛いのですが、なかなかうまく撮れません。
白っぽいから、写真を撮ると光っちゃって模様がわかりづらいんだよね・・・。
ちなみに、かもまゆは「かもめまゆげ」の略です。
要するに、こち亀の両さんみたいな感じってことですよ(笑)。

 あんなに太くないにょ!!
今日は、とくに予定もなくまったりな1日。
なんだかんだと予定を詰め込みすぎてしまいがちなので、こういう日があるとほっとするー。
今年は、少しづつこういう日を増やしたいなぁと思ってます。

音兎ぴょんさんと遊んだり。
ひさしぶりにゲームしたり。
(Wii Wareで、もじぴったんWiiを買いました。
 家でゲームが買えちゃうって、便利な世の中だねぇ。こりゃ、ひきこもるぞ)
お散歩がてら近所の商店街に行って、100均で雑貨を買ったり、激安お菓子屋さんで会社用のおやつを買い込んだり。

そして、先日買った本(ヤミーさんの3STEP COOKING)を見ながら夜ご飯を作りました。
080406_dinner.jpg写真左上の四角いのが、「ヤンソンさんの誘惑」。
写真右下の赤いのが、「鶏肉の狩人風」です。
簡単なのにすごいおいしかったです!!
これはもう、「料理できない女」の汚名を返上してもよいのではないかとちょっと天狗になりかけましたよ。
あいかわらず手際が悪いので、作ってる姿は見せられない『鶴の恩返しクッキング』ですが(苦笑)。

ちなみにこの本は、blogが書籍化されたものです。
一口コンロと電子レンジとオーブントースターがあればできるというレシピなので、一人暮らしで台所が狭い人にオススメです。
blogで読めるんなら、わざわざお金を出して本を買う必要なんかないじゃん?
と思われるかもしれないけれど、プリントアウトしたレシピって、結局作り終わると捨てちゃったりして、それっきりになりがちなんだもの。
これは、本で持っておいても損はない感じです。
今度は、フライパンで作るチーズケーキに挑戦したいなー。
080405_otocarry.jpg音兎ぴょんさんを、健康診断に連れて行きました。
病気になってから慌てて病院に行くよりも、かかりつけのお医者さんを探しておいたほうがいいと思って。
ネットで検索して、近所でうさぎを診てくれそうなお医者さんを見つけました。

 こんな狭いところは、イヤにょ!!
 怖いにょ。怖いにょ。 早く出して!!


初のおでかけなので、音兎ぴょんさんは買ったばかりのキャリーバッグが嫌で嫌でたまらない様子です。
健康診断に行くことで、むしろストレスで体調崩すんじゃないかと、不安になるほどの暴れっぷり。
お願いだから、もちつけ。

病院では人見知りして大人しくなるかと思いましたが、やっぱり抱っこいやいやで暴れてました。
「小さいうちに抱っこの練習しないと、大人になってからはもう無理ですよ」
とお医者さんにも言われちゃいました。
・・・わかってます。
鋭意努力中ですが、なかなか難しいんです(>_<)。

とりあえず、今日のところは「健康」でした。
うさぎ初心者、かつペット初心者なので、日々不安なことばかりです。
朝起きるたびに、「音兎ぴょん、生きてる?」とビクビクしております。
(たいてい、朝方はじっとしてるのでコワイ・・・)

まぁ、うさぎのことばかりでなくて自分のことももうちょっと気を使わないといけないんですけどね。
最近コンタクトの調子が悪すぎるので、動物病院に行く前に眼医者に行くべきでした。
ははは(笑)。

080405_kota.jpg
<おまけ>
夜、ラッパぷ邸にお邪魔したときに撮らせてもらった写真です。
小太郎がキャットタワーに登っているの図。
写真ではわかりづらいけど、穴にお腹がはまって「メタボ」っぽく見えるところが萌えポイントですのにゃ。
080403_oto1.jpg昨日、駅前のスーパーに行った際によしこちゃんがへちまを買ってくれました。
へちま、懐かしいなぁ。
小学生の頃、理科の授業で育てたへちまを持ち帰って放ったらかしておいたら、すくすく育ちすぎて電線にまで到達し、電力会社の人が安全確認に来ちゃったっけ(笑)。

 思い出話はいいから、早くちょうだいにょ。


サークルの外に置いて写真を撮ってるだけなのに、気になって気になってしかたない音兎ぴょんさん。
柵の間から無理に顔を出すと、ぶちゃいくになるからやめたほうがいいよ。


080403_oto2.jpgへちまを転がしたりかじったり、なんだか気に入ったみたいです。
あっという間に破壊されそうな勢い・・・。
へちまを持ってみたら、立ち上がって食いついて来ました。
必死すぎて、耳がプロペラになってます。

 ⊂二二二(^ω^)二二二つ ブーン
 へちま、ギザタノシス!!




080403_oto3.jpgへちまを動かすと、そのままびょーんと着いて来ました。
へちまパワー、すごいすごい。

ちなみに、下のしましまなものはあんずのパジャマのズボンです。
つまり、「へちまを後ろ手に持って身体をひねりつつ写真を撮る」という、マトリックスもびっくりの変な姿勢です。
なかなか、うまく写真が撮れません・・・(泣)。


2008.04.02 春休み気分。
今日は、有給休暇を取りました。
リッキ-さん(父)の命日なので。
兄夫婦、姉夫婦(+子供3)、よしこちゃん、あんずの9人が揃いました。
みんなが揃うのは、お正月以来です。きっと、リッキーさんも喜んでいるに違いない。
有休取って、よかったよかった。

080402_oto1.jpgさて。
今日は時間に余裕があったので、ケージのお掃除もしっかりしました。
どうだ、音兎ぴょん。気持ち良いかい?

 なんで会社に、行かないにょー?
 昼間はまったりしたいんだから、どっか行ってて。


ああ、そうですか。ごめんなさい(>_<)。

あんずだけでなく、姪っ子や甥っ子も興味津々で見ていたので、落ち着かなかったかも。
でも、ちゃんと愛想良く対応できて偉かったです。よしよし。
みんなに「うさぎさん、可愛いー」って言ってもらえて、良かったね。

080402_oto2.jpg夜、サークルに放すときに、段ボール箱を入れてみました。
なんかあったほうが楽しいかな、と思って。
かじったり、ひっかいたり、もぐったり、それなりに楽しそうだったのでヨシ。
段ボールをちょっと食べちゃったみたいなので、それが心配ですが・・・。

 かじるの、楽しいにょ。
 我慢できないにょ!!


そうだよね。ごめんごめん。
今度は、かじっても大丈夫なおもちゃをあげるからね。

>音兎ぴょんさん
明日はちゃんと会社に行くから、昼間は思う存分のんびりしてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。