上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は夏木マリの「81-1」という本を買いました。

この本は前からちょこちょこ立ち読みしてたんだけど、ここまで何度も見るなら手許に置くべきかなと思って買いました。

タレントのエッセイは、字が少なくてあっという間に読み終わっちゃうから、なんだかもったいない気がして買うのをためらってたんです。



この本も、読むところは少ないです。

でも、時々はっとする良い言葉があるので、下手な自己啓発本より影響力あるかもです。

今はいろいろ悩んでる時期なので、カッコイイ女の人の強い言葉に心酔するのもいいかなと思ってます。

キャラ違いなんで、夏木マリを目指しても無駄なんですけど。

(ちなみに、あんずの最終目標は八千草薫です。ああなりたいの!!)



この本は、夏木マリが考えるカッコイイ男の人の条件みたいなものについて書かれてます。

女の人にもあてはまる部分は多いので、カッコヨク生きたいなら読んで損なし。
スポンサーサイト
終電を逃しました。

珍しいことです。だって、ふだんは地元で呑んでるから(笑)。



恵比寿で呑んでて、ふと気づいたらもう終電のない時間。

あんずの利用する駅までは行かないけど途中までは行く、という終電にすら間に合わない時間。

「終電って、ちょっと遅れることも多いよね」

とダメ元で走ってみたら、その途中まで行く終電には乗れました。



あぁ、よかったー。

と喜んだのもつかの間、終点一つ前で人身事故発生。

ギャホー!!(>_<)



一番後ろの車両のはじっこに立っていたため、車掌さんとレスキュー隊のやり取りが丸聞こえでした。

あぁ、合掌。



どうにもできないまま電車に閉じ込められること数十分。

だんだん乗客もキレ気味に。

近くにいたおじさんも、車掌さんに「どうなってんだー!?」と詰め寄ってました。

いかん。この殺伐とした雰囲気は耐えられん。



そこでなぜか、酔っぱらいあんずはおじさんに声をかけてみました。

「どちらの駅まで行かれる予定だったんですか?」と。

そしたらなんと、あんずの利用駅のお隣の駅だそうで。

「これじゃ、タクシーつかまえるのも大変ですよねー」

なんて世間話をした挙句、タクシー相乗りをすることになりました。

(あいのり、と言ってもラブワゴン的要素は皆無)



見ず知らずのおじさんに、タクシー代おごってもらっちゃった。

これもなにかの縁ですって。

酔っぱらいネットワークって、ステキ★ミ
もう、こんな傷物じゃ、お嫁に行けない・・・。

っていう話ではなくて。



ポッド夫人の液晶画面のど真ん中に傷がつきました。

本体にはカバーかけてたんだけど、画面に保護フィルム貼るの忘れてたみたいです。

ショック。



音楽聴くだけだから。

写真も動画もたいして見ないから。

そんなに大きな傷ってわけでもないから。



言い訳してみても、やっぱりカナシイ。
2006.02.20 セレブ出勤。
山手線が、止まってました。

月曜の朝からぐったりです、もう。



早稲田の受験があったのかなかったのか、アナウンスは「山手線を使わずに馬場に行く方法」ばかり。

それはそれで大事な情報だとは思うけど、他の線の情報も教えてくれないと困ります。

未来の顧客になる可能性のある受験生も大切だけど、毎朝乗ってる常連のOLにも手厚いサービスを!!



同じ職場の人に山手線でばったり会ったので、

「この電車次の駅までしか行かないみたいですけど、どーしますー?」

と話しかけてみました。

「しょうがないから埼京線に乗ろうか」

と埼京線ホームに向かうも、ホームに下りられないほどの大混雑に、二人でしばし呆然。

そこで、鶴の一声です。

「贅沢しようか!?」



うん、するする!!



タクシーで職場に乗り付けました。

しかも、タクシー代おごっていただいちゃいました。謝々。

セレブ気分を満喫できて、ご機嫌でした。←小市民だな・・・
今日のタイトルは、ミュージカル『オペラ座の怪人』から。



なんだかもう、ここのところ毎日ポイントオブノーリターンな感じで、精神的に追いつめられまくってます。

もう、へろへろです。

眠れません。頭痛が止まらない。胃も痛む。



でも、もう後には退けないのです。



Past the point of no return

no going back now

our passion-play has now, at last, begun



あんずはクリスチャンではないので、受難劇(Passion play)の意味はよくわかりませんが。

思いがけないスピードで、なにかが動き出しました・・・。

きっかけを作ったのは自分だけど、今はちょっと不安に脅えてます。
0213_sweets.jpg今日は、振休。しっぽ、フリフリ←意味不明



よしこちゃんと一緒に、ウェスティン東京のディナーブッフェに行って来ました。

JCBカードのポイントが貯まって、2名様分のチケットがもらえたのです。

そうでもなきゃ、こんな贅沢しませんヨ。

お誕生日でもなんでもない日に・・・。

(ちなみに、ポイントがいっぱい貯まったのは、たまたまポイント3倍期間に楽器を買ったりしたため。

 買い物しすぎたわけではないの!)




いやはや。おいしかったです。

観光地のホテルの朝ごはんバイキングとは、大違い。

みんなゆったりのんびりハイソな雰囲気で、ガツガツしてません。

あんず達は一番乗りで18時に行ったので、ブッフェメニューもまだ綺麗に盛りつけられており、崩すのが申し訳ないくらいでした。



バレンタインフェアでチョコレートのデザートが多かったのがちょっと悲しかったけど、それでもたくさん食べました。

写真は、デザート1皿目です。(その後、もう1皿食べました)



おなかいっぱーい!!

と思ってふと隣の席のカップルを見たら、お料理てんこもりでテーブルから溢れんばかりでした。

あんずとよしこちゃんは、やっぱりブッフェ向きじゃない・・・(>_<)。

なんか、くやじいなぁ。
2006.02.12 QP。
0212_qp.jpg今日は、「THE 有頂天ホテル」を観てきました。

面白かったけど、ちょっとごちゃごちゃした映画でした。

でも、それはそれで三谷幸喜らしいのかな。

最後のほう、佐藤浩市がかっこよすぎてちょっと泣きました。

アヒルのダブダブとおじいさんが可愛くて萌えました。

(この名前は、ドリトル先生に出てくる豚のガブガブを連想させますね・・・。

 ドリトル先生、全巻大人買いしようと思いつつ未だ果たせず)



それはさておき。



見て見て!! この可愛いQPたち!!

のっぽさん・ごんたくんセットと、モナーです。

マルコ・アメデオのセット(「母をたずねて三千里」)もかなり心ひかれたんだけど、そんなにたくさん買ってもどうしようもないので、泣く泣く断念。



モナーQPを、さっそく携帯につけてみました。

馬鹿っぽい・・・(笑)。
0205_DINNER.jpg今週はぐったりお疲れモードだったので、週末はだらだらのんびりすると心に決めていたのです。

(だらだらって、決意してすることなのか?)



念願かなってぐだぐだだらだらできて、あんずはもう幸せです。



今日は、珍しく晩ご飯を作っちゃいましたよ。

ほんと、珍しすぎ。明日、雪が降っても知らないんだから!!(笑)。



奥が、オレンジページで見て心ひかれていた「鶏肉のバター醤油丼」。

 バター醤油が大好きなので、満足満足。

手前左は、トマトのサラダ。

 あんずはトマトが嫌いなんですが。

 以前、ぷうすけ先輩と呑みに行ったお店でいただいたトマトのサラダが

 おいしかったので、似た感じで作ってみました。

 トマトとタマネギと、かつおぶし。これに、御殿場で買ったお気に入りの

 タマネギドレッシングをかけただけー。うまー。

 でもなんだか、タマネギ過剰じゃない?

手前右は、適当なスープ。

 余ってた野菜と卵で作成。味もそれなり(笑)。
2006.02.03 寝ガエル。
0203_KAERU.jpgうちのチームでは、共有で使っている端末の電源をオフし忘れないように、カエルのぬいぐるみを使っていました。

自分が帰るとき、誰かが残ってたらカエルを渡すの。

そうしていって、自分がカエルを持っていてもう渡す相手が誰もいなかったとき、共有の端末の電源をきればいいのです。

ちなみに、これはあんず作ルールです(笑)。

カエルも、うちから持参したの。



端末を共有で使わなくなったため、カエルくんはお役ごめんになってしまったのですが。

カエル係だった隣の席の先輩が、今日はカエルを寝かしつけていました。

ちゃんと、枕も布団も用意して。

可愛すぎ。

まるで、風邪でもひいてるみたいです。
0201_catscover.jpg文庫本のカバーを、本屋さんでがっつりせしめてきました。

ブラジャケというものです。

文庫本カバーを広告媒体にしてるものですが、いわゆる広告めいた感じではなくて、「あー、欲しい!」と思えるデザインがけっこうあります。

ただし、無料なせいもありますが、こまめにラックをチェックしていないとすぐに品切れてしまうので注意です。






要するに、これで本をカバーして電車の中で読書していると、あんずはCATS広告塔になるわけですよ。

まぁ、いいっす。望むところだ!!



さっそく、読みかけの本にカバーしてみました。

中身はジリアン・ホフマンの『報復ふたたび』というドキドキもののミステリーなのですが、カバーのおかげでなんだかとっても楽しそうな感じになってしまいました(笑)。

のっけから警官が2人も惨殺されちゃって、とってもヘビーな展開なのですが。

もしや、犯人はマキャビティ? 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。