上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガラスの仮面の44巻を読みました。
42巻から43巻までは何年も待たされたけど、44巻が出るのは早かったー。
しかも、内容もだいぶ前に進んだ感じです。

そしてとうとう、昔から噂されていたあの展開がっ!!
亜弓さんが、 ピーーーッ(自主規制)。

気になります。続きがめっさ気になります。
早く45巻を~~~。
スポンサーサイト
朝、会社に行く前に本屋さんにかけこんでGETしましたよ。
ガラスの仮面の新刊!!

42巻が出てから、いったい何年たってるんだろう。
もう、どこまで話が進んだのか忘れちゃったよー!!

と思ったんだけど、読み始めたらすぐに没頭。
あー、そうそう。そうでした。
紅天女の試演の稽古中だったんだよね。

わくわくしてる人もいると思うのでネタバレは避けますが、とりあえず一言。
「桜小路くん、気持ち悪っ・・・。
 紫のバラの人、がんばれ」


ちなみに今日は、楽団の友達(つの)から借りた『聖☆おにいさん (2) 』も読みました。
おもしろかったー。
UFOキャッチャー(「蜘蛛の糸」)で取った人形にカンダタと名付けちゃうあたり、大爆笑でした。むふむふ。


ひさしぶりに、「あぁ、読んだ!!」って充実した思いで閉じることのできた本でした。
最近、なんだかいい加減な終わり方の小説にあたることが多くてイライラしてたんで。

とまぁ、愚痴はさておき。
大好きな中山可穂の小説です。ようやく、会社の近くの図書館で巡り会えました
今作の主人公(女性)の恋愛対象も女性ですが、ビアンだからどうこうというわけではなくて、中山可穂の描く偏執的な恋愛が好き。
なにもかも捨てて恋愛にのめりこむっていう、自分にはない感覚に憧れるのかも。

今作は恋愛中心ではなくて、モーツァルトがテーマとなった事件の物語です。
珍しくミステリー調ですが、モーツァルトの音楽に対しても狂ったような愛情を描いてるところが「らしい」なーと思いました。
この世界観が苦手っていう人も、少なからずいると思うので、あまり強くは勧めません。
気になる人は読んでみるがいいさ、という程度です。

さて。
悲しい事にあんずはクラシックに明るくないので、作中で「ケッヘル何番のソナタがどうこう」とか描かれていても、頭の中に音楽が鳴りませんでした・・・。
詳しい人が読めばその場その場で音楽がイメージできるんだろうなぁと思うと、ちょっとくやしかったです。
モーツァルトはいまいち好きじゃないけど、これを機会に聴いてみようかな。


【モーツァルトの思い出】
高校の頃、部活でディベルティメントを弾きながら居眠りしてました。
繰り返しが多くて、いつのまにか意識が遠退くんだよね。
手は動いてるんだけど寝てる・・・という状態で、気づくと楽譜が2段くらい進んでるってことがしばしばでした。
恐るべし、モーツァルト!! ←モーツァルトの所為ではない。
昨日、ひさしぶりに漫画を2冊買いました。

080502_kumamagoto.jpgまずは、新聞の書評欄に載っていたのを見て、「これは絶対にあんず好み!!」と思った『くままごと』。
劇画調に描かれた母ちゃんクマと、ぬいぐるみみたいに描かれたコグマたちが登場するギャグマンガです。
見た目は可愛いんだけど、やる気がなくてだらしがない現代っ子なコグマたちがツボ。
うざ可愛いっ!!

※現時点では、リンクのページでサンプルの漫画が読めますヨ。
 小さい文字はちょっと読みづらいけど、コグマたちの暴れっぷりをご覧あれ。



080502_fukuyomo.jpgそして、『くままごと』の近くにあったのでついつられて買ってしまった『ふくよも』。
まったく予備知識ナシで買ったのですが、これは大当たりでしたー。
パンダコパンダが好きな人なら、間違いないです。読むべし!
アパートの雇われ大家さんをしているパンダの大福と、一緒に暮らすよもぎちゃんとのほのぼのストーリーです。
人間社会で普通にパンダが暮らしていますが、それについての説明はいっさいありません。
あんずは、このパターンに弱いんだよなぁー。
小さなよもぎちゃんに対して、敬語で接するジェントルマンな大福に萌え萌え。

※こちらも、現時点ではリンクのページでサンプルが読めます。
 かなりの分量が読めます。おすすめ!!
 っていうか、単行本まるまる1冊分読めるんじゃ・・・。
 お金出して買ったあんずの立場は?(>_<)



そんなに動物好きってわけではないのですが、音兎ぴょんさんを飼い始めて以来、動物ものが気になってしかたないです。

「くままごと」と一緒に紹介されていた「しろくまカフェ」も読みたいなぁ。
くまとパンダ(熊猫)としろくまって・・・、くまづくし!!(笑)
可愛いうさぎの漫画はないですかねー? 
080407_heyausa.jpgネットで予約していた本が、ようやく届きました。
部屋とYシャツとうさぎ』です。

土曜日くらいから届き始めた人もいたようで、
「遅いなぁー。ちゃんと予約できてなかったのかなぁー」
と不安に思っていたのですが、よりによってこんな大雨の日に届きましたよ。
あんずの家の郵便受けはちょっと蓋が壊れかけているため、郵便受けからこぼれおちた封筒が雨でびちょびちょになっておりました。
・・・凹。 ←へこんでます。うさぎの顔じゃ、ありません。

「うちの郵便受けは、なんでボロボロなのようっ!!」
とよしこちゃんに八つ当たりしつつ封筒を開けたら、予約特典のクリアファイルに入っていた本は奇跡的に無事でした。
よかったよかった。
八つ当たりして、すまなかった。

すでにblogは全て読んでるのですが、改めて知るエピソードもあり、なにより可愛いうさうさの写真がたくさんで大満足です。
このblogに出会わなかったら、音兎ぴょんさんを飼い始める決心はつかなかったかもしれない。
そのくらい、うさうさの魅力にあふれた面白いblogなので、とりあえず気になった人は見てみるがいいさー。
のぱりゃんのもっさりした感じが、たまらないでふよ。


080408_oto.jpgうちの音兎ぴょんさんは、今日も元気に草を食んでおります。
最近ちょっと顔の模様が変わりつつあり、「かもまゆ」が可愛いのですが、なかなかうまく撮れません。
白っぽいから、写真を撮ると光っちゃって模様がわかりづらいんだよね・・・。
ちなみに、かもまゆは「かもめまゆげ」の略です。
要するに、こち亀の両さんみたいな感じってことですよ(笑)。

 あんなに太くないにょ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。